日本語の違い

会う・逢う・遭うの違い・意味と使い分け

会う 逢う 遭う 違い

人と「あう」というと、小学校で習う「会う」を思い浮かべる方が多いと思います。

この「あう」を「逢う」あるいは「遭う」に変えると、まったく違うニュアンスになることをご存じでしょうか。

この記事では、使い分けができるとちょっとかっこいい会う・逢う・遭うの違いについて調べました。

会うの意味・使い方

「会う」は、「2人以上の人が、顔を合わせること。特定の場所で対面すること。」です。

「面会」「会合」という言葉を考えると、わかりやすいと思います。

なお、会う相手は必ず人で、物や事柄に対して使うことはありません。

また、会う場面は、偶然でも意図的でも構いません。

  • スーパーで、同級生とばったり会った。
  • 午後から、人と会う約束をしている。

逢うの意味・使い方

「逢う」は、「親しい人・好ましい人とめぐりあうこと。対面すること。」です。

「逢瀬」「逢引き」という言葉を思い浮かべると、なるほど!と思いますね。

ちなみに、「逢う」を使うのは1対1で人と対面する場合です。

こちらは常用漢字ではないので、新聞などでは「会う」と表記されます。

  • 彼と初めて逢った場所は、場末の居酒屋だった。
  • 親友が他県に引っ越してしまったので、全然逢えない。

遭うの意味・使い方

「遭う」は、「好ましくない出来事や人に偶然出くわすこと。」です。

こちらは、「遭難」という言葉を思い出せば、よくわかります。

「遭う」は「会う」「逢う」に比べてあまり見かけませんが、実は常用漢字です。

  • 女性専用車両に乗ったのに、痴漢に遭った!
  • 車が突っ込んできて、事故に遭いそうになった。

会う・逢う・遭うの違いは?

「会う」「逢う」は、人と対面するときに使います。

「会う」は、2人以上が集まるさまざまな場面で使うことができますが、「逢う」は親しい人・好ましい人と1対1で対面する場合など、使うシーンが限られています。

そして、「逢う」は常用漢字ではないので、「会う」と表記されることが多いです。

「遭う」は、人だけではなく出来事に対しても使うことができます。

ただし、好ましくない・悪い事柄や人に対してのみ使います。

こちらは常用漢字です。

まとめ

まとめ
  • 会うは、2人以上の人が対面すること。
  • 逢うは、親しい人・好ましい人と1対1で対面すること。
  • 遭うは、好ましくないこと・悪い事柄や人と偶然出くわすこと。

いずれの「あう」も、現実に人(「遭う」の場合は事柄も)と対面する際に使われるイメージですが、今後はオンラインで対面することも「会う」「逢う」「遭う」というようになるかもしれませんね。