日本語の違い

戦略と戦術の違い・意味と使い分けをわかりやすく解説

戦略・戦術

「戦略」と「戦術」。
ゲームや歴史小説だけではなく、ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。

しかし、いざ使い分けようとすると思いのほか難しく、よく違いがわからないまま何となく使っている人も多いようです。

そこでこの記事では、わかってしまえば意外と簡単な「戦略」と「戦術」の違いと使い分けを解説します。

戦略の意味と使い方

「戦略」とは、「目的を達成するためのシナリオ」です。

ビジネスシーンでは、「企業が進むべき方向」あるいは「進むための方法」という意味でよく使われます。

「企業戦略」「経営戦略」といった言葉を思い浮かべれば、イメージしやすいですね。

ゲームなどでは、「戦略」=「勝つための計画」と言い換えたほうがわかりやすいかもしれません。

  • 社長のビジネス戦略は素晴らしいが、わが社には実行するマンパワーがない。
  • 彼は、戦略で致命的なミスを犯した。

戦術の意味と使い方

「戦術」とは、「目的達成のための手段」です。

さらにいうならば、「戦略を実現するための手段」です。
こちらは「戦う手段」というわけですね。

1つの戦略に対して、戦術が1つとは限りません。

複数の戦術のなかからどれを選ぶかによって、戦略が実現できるかどうかが決まってくるといえるでしょう。

  • チームを構成するメンバーによって、得意な戦術が変わるのは当たり前だ。
  • 敵の裏をかく戦術で、何とか勝利することができた。

戦略と戦術の違いは?

「戦略」は「目的を達成するためのシナリオ」あるいは「勝つための計画」で、進むべき方向を示すものです。

戦略に誤りがあると進むべき方向が変わってしまうので、「ゴールが見えているのにたどり着けない…。」ということになりかねません。

「戦術」は「目的を達成する手段」で、戦略を実現するためのものです。

ただし、戦略を実現するための戦術は一つとは限りません。

戦術が間違っていても、他の方法で挽回可能というケースはあるでしょう。

では、「戦略」と「戦術」、どちらを先に考えるべきなのでしょうか。

答えは「戦略」です。

たしかに、「戦略(進むべき方向)」が決まっていないのに、「戦術(達成手段)」ばかり考えても意味はありません。

ビジネスに行き詰まったら、必要なのは「戦略」なのか「戦術」なのかを検証してみるといいかもしれませんね。

まとめ

まとめ
  • 戦略は、目的を達成するためのシナリオで、進むべき方向を示すもの。
  • 戦術は、戦略を達成するための手段。

少しややこしいですが、「戦略=(勝つための)計画」「戦術=(勝つための)手段」と覚えておけば、たいてい大丈夫です。