敬語の使い方

「恐縮です」の意味・正しい使い方【間違いが多いので注意!】

恐縮です
  1. 恐縮ですが、出席いたします。
  2. 恐縮なさらず、ぜひご出席ください。

どちらが誤った使い方かあなたは分かりますか?

答えは②です。
しかも、これがかなり失礼ととられる間違い方なのです。

社会人になる以前には、ほとんど耳にすることがない「恐縮です」という表現。

間違って使ってしまうことも多いので、この記事では「恐縮です」の意味と正しい使い方を例文も合わせて詳しく解説していきます。

「恐縮です」の意味

取引先との打ち合わせで、会社の先輩が
「恐縮です。まさかそこまでご配慮いただけるとは。本当に恐縮です。」
と、何度も頭を下げているのを目にしたことがあるかもしれません。

「恐縮です」とは、「ありがとうございます」では足りないほどの感謝の思いや、言い換えれば、「申し訳ないほどの配慮」に対して使う言葉と言えますね。

「恐縮です」の正しい使い方・例文

日常生活であまり耳にしない言葉ということは、近い存在や頻繁にお会いする相手に連呼するような使い方はせず、年の離れている目上の方や、それこそ初めて彼女のご両親に会う時のような、特に敬意を持って接する場合に用いる場合が多く、例文としては

  • 今回のような格別のご配慮に、ただただ恐縮するばかりです。
  • お忙しい中、わざわざお越しいただき、恐縮です。
  • お褒めの言葉をいただき、誠に恐縮です。

と、「ありがとうございます」「申し訳ありません」の上位表現と言えます。

「恐縮ですが」という使い方も、「申し訳ありません」の上位という観点で捉えれば、正しいものです。

  • 大変恐縮ですが、こちら側へご移動いただけますか。
  • 恐縮ですが、今回は欠席いたします。

「恐縮です」の間違った使い方・例文

恐縮に存じます。

一見丁寧なようですが、「存じます」は「思います」という意味になるので、「恐縮に存じます」=「申し訳なく”思っています”」となり、相手からすると「え?思っているだけなの?」と失礼な表現になってしまいます。

また、相手を主語とする場合も誤った使い方です。

導入文に記した

恐縮なさらず、ぜひご出席ください。

という使い方は、「遠慮する心もあるだろうけど、出席してね」となり、まるでこちらが上に立っているようですね

「恐縮です」をさらに丁寧に言うと?

身が縮こまる様子を描写していますので、強調する表現を頭に付けて

「大変恐縮です」
「誠に恐縮ですが」
「ただただ恐縮です」

これらの文末をさらにへりくだった表現にして、

「大変恐縮しております」
「誠に恐縮ではございますが」
「ただただ恐縮しております」

とすることで、丁寧な印象につながりますね。

「恐縮です」の類語・別の言い方は?

「感謝している」ことを、「全然そんなことありません」ではなく、「嬉しいです。ありがとう。」という意味を込めていますので、「とんでもないです」と言い換えられます。

「申し訳ない」ことを、「こちらが改めます」ではなく、「悪いけど受け入れてね。」という意味も込めていますので、「恐れ入ります」「恐れ入りますが」とも言い換えられます。

まとめ

まとめ
  • 「恐縮です」は「ありがとうございます」「申し訳ありません」の上位表現
  • 相手が主語の場合に使用すると、失礼となってしまう
  • 「恐縮に存じます」は間違い。正しくは「恐縮です」

堅苦しい表現で、あまり耳にしない言葉だからこそ、へりくだった気持ちやかしこまった姿勢を伝えたい時に用いると、より効果的ですね。

重要な商談の場や厳かな式典など、ここぞ!の時にサラッと口から出せるよう、事前に心の準備を整えておきましょう!