日本語の違い

効く・利くの違い 調整・融通が「きく」の漢字はどれが正しい?

効く・利く

「〇〇がきく」という言い回しは、日常会話でもよく使います。

漢字としては「効く」あるいは「利く」を使うことになりますが、両者の意味が非常に似ているため、使い分けに悩むことも少なくありません。

そこでこの記事では、意味が分かってもやっぱり使い分けが難しい「効く」と「利く」の違いについてまとめます。

効くの意味・使い方

「効く」は、「期待通りの効果・作用があらわれる、効き目がある」ことです。

「効能」「効果」「効力」という熟語を思い浮かべると、分かりやすいですね。

  • やみくもに怒っても、子どものいたずらには効かない。
  • 元総理の応援が、得票率アップに効いたようだ。
  • 肩こりに効くツボは、いくつかある。

利くの意味・使い方

「利く」は、「十分に機能を発揮する、可能である、言葉を発する」などさまざまな意味で用いられます。

また、使う場面は限定されますが「口利き」という場合は、「世話をする」という意味で使われます。

  • うちの犬は、年をとったせいか鼻が全然利かない。
  • コンパクトカーは、小回りが利くので便利だ。
  • 生意気な口を利く。
  • 親類の口利きで、何とか就職することができた。

効く・利くの違いは?

「効く」は、「効き目がある」という意味で使います。

もう少し掘り下げていうと、「何かに働きかけて、期待通りの効果を発揮させる」という意味になります。

つまり、働きかける「何か」が必要ということになるため、他動詞として使うことになります。

一方、「利く」は「機能を発揮する、可能である、言葉を発する」などいろいろな意味を持ち、自動詞としても他動詞としても使うことができます。

そして「調整がきく」「融通がきく」という場合は、いずれも「きく=可能である」に置き換えることができるので、「利く」をあてるのが正しいといえます。

しかし、どちらを使うべきか迷うケースもあります。

たとえば、「このカレーはスパイスがきいている」という場合、スパイスの「効果」を指しているのか、スパイスの「機能」を指しているのかよく分かりません。

この例のように、効果と機能の境界があいまいなケースではどちらを使っても間違いではありませんが、あえて平仮名で表現するのも一つの方法でしょう。

まとめ

まとめ
  • 効くは、ほかのものに働きかけて効果を発揮させること。他動詞として使う。
  • 利くは、機能を発揮する・可能である・言葉を発する、などさまざまな意味を持つ。自動詞としても他動詞としても使える。

効能効果を表現したい場合は「効く」、それ以外の場合は「利く」でたいてい大丈夫です。

しかし、迷う場合は平仮名の「きく」を使うのが無難です。