日本語の違い

怒りと憤りの違い・意味と使い分け

怒り 憤り 違い

「怒り」と「憤り」。

どちらも怒っていることを意味する言葉です。

しかし、この二つの言葉には、読み方以外にもある明確な違いがあるのです。

この記事では、意味はほとんど同じだけれど、意外と使い分けが簡単な「怒り」と「憤り」の違いについてまとめました。

怒りの意味・使い方

「怒り(いかり)」は「怒ること・腹を立てること」です。

そして「怒り」は客観的に見て怒っている状態、言い換えると、表情や行動から怒っていることがわかる状態のことを言います。

  • 無責任な発言を繰り返す上司に、怒りが込み上げてきた。
  • 失言で、妻の怒りを買ってしまった。
  • いじめを放置した教師に対して、怒りを収めることができない。
  • 机の脚に足の小指をぶつけてしまい、そばにいた夫に怒りをぶつけてしまった。

憤りの意味・使い方

「憤り(いきどおり)」も、「怒ること・腹を立てること」ですが、怒っていることが客観的にわからない場合に使います。

だからといって、腹を立てている程度が「怒り」より弱いというわけではなく、むしろ強い場合が多いようです。

これは「憤死(ふんし:憤って死ぬこと)」という言葉からも想像できます。

  • 残業代をまったく払わない会社に、憤りを感じている。
  • あおり運転のニュースに、強い憤りを覚えた。
  • 万引きの濡れ衣を着せられたことに、憤りを禁じ得ない。
  • インフルエンザなのに登校してきた友達に対して、憤りを隠せない。

怒りと憤りの違いは?

「怒り」も「憤り」も、怒っていることや腹を立てていることを表す言葉です。

しかし、

  • 「怒り」は客観的に腹を立てていることがわかる場合
  • 「憤り」は見た目では腹を立てていることがわからない場合

に使います。

このようなことから、「怒り」は腹を立てている状態を表す言葉で、「憤り」は秘めた感情を表す言葉と言うことができます。

また、「怒り」の対象は、日常の些細なことから社会的な大きなことまで幅広く、さらに、いわゆる「逆ギレ」でも「怒り」という言葉を使うことができます。

一方で「憤り」は、自分自身の正当性を否定された場合や、社会的な常識が破られた際に使われることが多いです。

このように、「怒り」と「憤り」は、使う場面も若干異なります。

まとめ

まとめ
  • 怒りは、だれから見ても腹を立てている状態のこと。怒りの対象は何でもよい。
  • 憤りは、心の中で腹を立てること。自己の正当性や一般常識が破られた際に使うことが多い。

怒っていることが表情や行動から明らかな場合は「怒り」、明らかではない場合は「憤り」と覚えておくようにしましょう。