日本語の違い

同級生・同窓生・同期生の違い・意味と使い分け

同級生・同窓生・同期生

学校を卒業して、久しぶりに集まる同窓会。
なつかしくて楽しいですよね。

ところで、同窓会に集まるのは、どのようなメンバーなのでしょうか。

もちろん「同窓生」だと思いますが、具体的にどのようなメンバーを「同窓生」と呼ぶのでしょうか。

よく似た響きの「同級生」「同期生」とは何が違うのでしょうか。

この記事では、意外と範囲がよくわからない「同級生」「同窓生」「同期生」の意味と違い、使い分けについて調べました。

同級生とは?

「同級生」は、狭義では「同」じ「級(クラス)」の「生」徒です。

つまり、旧クラスメートが「同級生」ということになります。

意外に狭いですよね。

ただ、「級」には等級・階級という意味もあるため、広義では「同じ学年の生徒」という意味になります。

どちらかというと、広義の方が一般的ですね。

同窓生とは?

「同窓生」は、「同じ学校で学んだ生徒」という意味でよく使われます。

つまり、先祖代々同じ学校で学んでいれば、一族全員が「同窓生」ということもあり得ます。

さらに「同窓生」には、「同じ先生に学んだ生徒」という意味もあります。

例えば、大学の教授が他の大学へ転任した場合、転任前の大学の生徒も転任先の大学の生徒も「同窓生」ということになります。

学校も違う見ず知らずの人と「同窓生」というのは、なんだか不思議な感じですね。

同期生とは?

「同期生」は、「同じ年度に入学・卒業した人」「同じ年度に入社した人」をいいます。

通常は、同じ学校・同じ会社の人のみに使いますが、学校や会社が異なっていても時期が同じであれば「同期生」ということがあります。

同級生・同窓生・同期生の違い

「同級生」は、学校もクラスも同じ人のことをいいます。

広義では、クラスが違っても同じ学校・同じ学年であれば「同級生」になります。

「同窓生」は、同じ学校で学んだ人、あるいは同じ先生に教えてもらった人のことです。

後者の意味の場合、学校が異なっても構いません。

「同期生」は、同じ年度に入学あるいは卒業した人、同じ年度に入社した人のことです。

狭義の「同期生」は、広義の「同級生」とほぼ同じ意味です。

メンバーの範囲が最も狭いのは、「同級生」です。

「同級生」は「同窓生」の一部であり、「同期生」の一部でもあります。

「同窓生」と「同期生」は、縦軸と横軸の関係にあるので、単純にメンバーの範囲を比較することはできません。

ちなみに、「同級生」は「同窓生」と「同期生」の交点といえます。

まとめ

まとめ
  • 同級生は、旧クラスメートのこと。同じ学校・同じ学年の生徒全体を意味する場合もある。
  • 同窓生は、同じ学校で学んだ人、あるいは同じ先生に教えてもらった人のこと。
  • 同期生は、同じ年度に入学・卒業した人、同じ年度に入社した人のこと。

学校卒業後、クラスのメンバーのみで集まる場合は「同級会」、同じ学年のメンバーが集まる場合は「同級会」あるいは「同期会」、学年を超えて集まる場合は「同窓会」になります。

意識して使い分けると、どのようなメンバーが対象になっているのかがすぐにわかるので、便利ですよ。